2020年12月17日

TerraMasterのNAS、消えたWoL(Wake on LAN)を復活させるには

システムをアップデートしたらWoL(Wake on LAN)が使えなくなった…

TerraMasterの F4-220 というNASを使っています。値段のわりに性能が良く、機能も多く、コストパフォーマンスのいい品でした。ただし設定が複雑で日本語ローカライズがイマイチなので、人様にはお勧めしづらいのですが。

ある日、気まぐれにシステム(TOS、TerraMaster Operating System)をアップデートしたら、それまで使えていたWoL(Wake on LAN)が使えなくなってしまいました。慌てて公式forumを見に行ったら、同様の書き込みがいくつも。
どうやらWoLは正式な機能ではなかったようで、偶然に運良く使えていただけの模様。しかし家庭用NASでWoLが使えないのは地味に困ります。

とはいえどうしようもできないので諦めて放っておいたのですが、久しぶりにforumを見たら、β版のリリースノートを見つけました。
TOS 4.2.04 beta is released for testing
Post by TMSupport » 04 Sep 2020, 12:13

TOS 4.2.04 beta Release Notes

Applicable models:
X.86: F2-220, F2-221, F2-420, F2-421, F4-220, F4-221, F4-420, F4-421, F5-220, F5-221, F5-225, F5-420, F5-421, F5-422, F8-421, F8-422.
This update includes following bug fixes for the previous version:
1. Added WOL feature;
(以下略)
WoLが公式にサポートされているじゃないですか!
しかもその後リリースされた 4.2.06 でbetaが取れている。こりゃもう上げても大丈夫かな? と入れてみることにしました。

TOS 4.1系→4.2系は手動更新が必要

しかしTOS コントロールパネルの「オンライン更新(推奨)」を選んでも、「現在のソフトウェアは最新版です!」と言われるのみ。この F4-220 はちゃんと対応機種のリストに入っているのに。

というわけでforumの投稿にあるとおり、手動更新をします。2020-12-17現在の最新版は 4.2.07
  1. 投稿内のリンクからアップデートパッケージ(bz2ファイル)をダウンロード。X86版とARM版があるので間違えないように。
  2. TOSのコントロールパネル→更新とリカバリー→ソフトウェア更新 で「手動更新」を選び、DLしたファイルを選択。
  3. あとは待つだけ。
無事アップデートが完了すれば、コントロールパネル→ハードウェアと電源→電源 に Wake on LAN の設定項目が出現します。


TerraMaster F4-220 の後継機種

ところでこの F4-220 はディスコンのようですが、同等機種としては F4-210 というのが販売中です。
(型番が小さくなっているのは、IntelじゃなくてARMだからでしょうか)

TerraMaster F4-210 NAS 4ベイ dlna対応nas クアッドコアCPU 2GBメモリ搭載 スマホ/タブレット対応 (HDD付属なし)

新品価格 ¥32,990から(2020/12/17時点)


Intel CPUだと4ベイの後継機はなく、近いのは5ベイの F5-221 になります。HDDベイが1つ増えただけでお値段が跳ね上がるのが難点。

TerraMaster F5-221 5ベイ NAS 2.0GHz intelデユアルコア2GB スマホ/タブレット対応 (HDD付属なし)

新品価格 ¥49,990から(2020/12/17時点)


TOSはLinuxベースということで、SSHで入ることもできます。
「自宅用のサーバーを自分で運用するほどのモチベーションはないけど、なんか色々できるマシンがあると助かる」という(私みたいな)人にはちょうどよい塩梅です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

同ラベルリンク

LinkWithin


Related Posts with Thumbnails