金曜日

ディスコンが噂されるWindows版Safariのインストーラーをローカルから救い出す

※追記:今はAppleのサイトからWindows用Safari 5.1.7を普通にダウンロードできます。
ただしMacの最新版Safariで修正されているセキュリティの問題に未対応のため、リスクを理解したうえでご利用ください。

OS X Mountain Lion(10.8)が出るとともにSafariもバージョン6になったそうですが、AppleのサイトからWindows版がなくなり、ディスコンなのではないかと噂されています。
Windows版のダウンロードボタンが消滅:Mac版「Safari 6」リリース OS X Lionアップデートも(ITmedia)
Apple製Webブラウザー「Safari」のWindows版が日本語公式サイトから消失(インプレス 窓の杜)

Windows版の準備が遅れているだけなのかもしれませんが、このままなくなってしまうとなると、ちょっと残念です。Windows版Safariは動作は重いけど、フォントレンダリングが独特なので重宝していた人もいるのではないでしょうか。

もうダウンロードできないとなると、インストーラーを確保しておきたくなるのが人の常ですが、既にWindows版を使っていた人の場合、実はローカルHDDにインストーラーが保存されているのです。

C:\ProgramData\Apple Computer\Installer Cache\ を覗くとiTunesやQuickTimeやSafariのインストーラーがバージョンごとに残っています。「Safari 5.34.57.2」フォルダが最新版(v5.1.7)になるので、このフォルダをバックアップしておけば、とりあえず安心。

0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin


Related Posts with Thumbnails