木曜日

VAIO type PにWindows 8 (製品版)を導入した(けど耐え切れず7に戻した)

Consumer Previewを入れてあったVAIO type P(VGN-P91HS)。キビキビ動いてくれて充分実用的でした。
プレビュー版の使用期限が切れたので、製品版Windows 8を導入します。
(後述しますが、実は製品版だと全然キビキビではなく残念すぎ)

導入方法はConsumer Previewと同じ

Consumer Previewのときとまったく同じ方法で導入できました。
アップグレード版をクリーンインストールする場合は優待購入したダウンロード版Windows 8、他のPCに64bit版をクリーンインストールも参考にどうぞ。(特にインストーラーが「リムーバブルドライブが見つからない」みたいなエラーで止まってしまう場合など)

インテルWiMAX/WiFi Link 5150はやっぱり自分でドライバを導入
WiMAXモデルの場合は無線LANのドライバを自分で導入しなければならないのも相変わらずです。そしてWiFiは使えるようになっても、WiMAXを使うにはさらに何かを入れなきゃいけないのも同じ。(私はWiMAXは使っていないのでそれ以上は確かめていません) インテルのサイトの最新版は15.xになっていましたが、14.x同様インストーラーを実行してもドライバーが導入されません。13.5.0ならOK。
グラフィックドライバも自分で導入
Windows標準搭載のドライバーは描画が遅いし外部ディスプレイも使えません。ドライバーは、前回同様インテルからダウンロードしてもいいんでしょうが、今回はUSのSonyのサイトからVAIO type P用の最新版8.14.10.2024を入れてみました。 インテル純正との違いは今のところ不明。エクスペリエンス インデックスの計測をしようとすると途中で止まるのも純正と同じです。

製品版はConsumer Previewよりかなり重い…

導入してみて分かったのが、製品版Windows 8はConsumer Previewよりかなり重いということ。

タスク マネージャーを見てみると、「デスクトップ ウィンドウ マネージャー」(DWM)がリソースをがっつり持っていっています。

メモリは2GB中の50MB程度なら許容範囲ですが、問題はCPU。非力なAtom Z520だと、何かするたびに演算力を半分近く持っていかれて、かなりしんどいです。

Consumer PreviewではAeroをオフにすることでDWMを使わないようにできたのですが、製品版ではDWMを無効化できないようで。

Windows 7に戻そうかな……。

(追記)
耐えかねてWin7に戻しました。
Win7は起動してしまえば、まあ実用レベルです(Aeroを切ってあれば)。
ただ、起動にはSSDでも1分以上かかります。Win8は起動は製品版でもえらく速かったので、DWMを切る方法が見つかったらまたWin8にしたいところ。

(追記2)
試してないけど、DWMを切る方法。切った後はエクスプローラー使用禁止らしいですが。
Desktop Window Manager is always on (Windows)のコメント:
  1. Go to %WINDIR%\system32
  2. Right click on dwm.exe and select Properties → Security → Advanced → Change owner → Take ownership of file.
  3. Accept all changes, close the properties dialog, then right click on dwm.exe and select Properties → Security → Advanced → Change permissions
  4. Add Everyone → Deny Execute
  5. Accept all changes and save
  6. Now here is a tricky part, you HAVE to kill two programs Explorer.exe and dwm.exe by means of using Elevated Command prompt and typing "tskill explorer /a" and "tskill dwm /a".
Warning! You have to kill first explorer and then dwm as if you do it in other order, you will meet the black screen in which only "Top most" windows will be shown. During all time explorer MUST be not working. In order to use explorer (and Modern apps of Windows 8) again you have to reverse the procedure. (One can combine this with CreateDesktop → SwitchDesktop sort of program for automation and safety of this procedure)

0 件のコメント:

コメントを投稿

LinkWithin


Related Posts with Thumbnails