土曜日

ノートPCのDVDドライブをお安く換装したい(2)

前回のあらすじ

9.5mm厚の内蔵DVDドライブが欲しいのだけど、いちばん安かったのが外付けドライブ。
Qtop ポータブルドライブ 外付けプレイヤー USB3.0対応 CD-RW/DVD-RW タッチ制御 Superdrive搭載 Windows/Mac両対応-ブラック ¥2,188

うまいこと分解して中身を取り出せるでしょうか?

箱・同梱品・外観

最近は中国製品でもちゃんとした化粧箱に入っているものが多くなりました。

箱の裏面は英語と中国語。

開けるとDVDドライブ本体の他にケーブルが2本。
USB3.0ケーブルと、補助電源ケーブル。補助電源はUSBタイプA⇒DCプラグ。


本体外観

天面にあるのはイジェクトのタッチセンサー。

誤動作防止のためか、軽く触れただけでは反応せず、1秒くらい触れ続ける必要があります。
通常のイジェクトボタンよりも操作しやすい位置にあって、なかなか便利。このまま外付けで使いたいくらい。

端子はUSB3.0と補助電源。

裏側。


分解

ぱっと見、ネジ穴は見当たらず。
接着剤やツメで固定するタイプだとしたら、バラしづらいし再組立も難しくてガッカリですが……。

シールになっているゴム足を剥がすと、ネジが見つかりました。端子側の2ヶ所。(ベゼル側のもう2ヶ所にはネジは隠れていませんでした)


ネジ2本を外すだけ。接着剤は使われていませんでした。

ドライブのラベル。

型番は DA-8AESH、メーカーは PLDS(Philips & Lite-On Digital Solutions Corporation)。
無事9.5mmのSATAでした。

ちなみにWindowsからだと次のように認識されます。


話を戻して分解の続き。
とはいえドライブも基盤も固定されていないのでそのまま取り外せます。

基盤の枠で囲ったところは上からSATA端子、USB端子、タッチセンサー。

壊れた旧ドライブと比較。端子もネジ穴も位置が共通なのが分かります。


ベゼルのツメ

ベゼルは2ヶ所のツメで固定されています。

向かって右側は横長のツメ。外すには下に押し下げ。(四角枠はイジェクトスイッチ)

左側のツメを外すには内側に押します。(四角枠はイジェクトスイッチ)


まとめ

9.5mm/SATAのDVDスーパーマルチドライブの新品(たぶん)がこの値段で手に入るなら上々でしょう。

Qtop ポータブルドライブ 外付けプレイヤー USB3.0対応 CD-RW/DVD-RW タッチ制御 Superdrive搭載 Windows/Mac両対応-ブラック

新品価格
¥2,188から
(2017/9/9時点)



でもタッチセンサーのイジェクトスイッチが地味に便利で、外付けのまま使ったほうがオススメです。
ドライブ側のUSBは3.0ですが、DVDドライブは高々8倍速なので、PC側はUSB2.0でつないでも速度に変わりはなさそう。

月曜日

ノートPCのDVDドライブをお安く換装したい(1)

DVDドライブがヘタった

ノートPC(Lenovo ThinkPad E440)の内蔵DVDドライブがディスクを読み取らなくなりました。
光学ドライブは消耗品なので仕方ありません。新しいのを買って取り替えることにします。

外付けドライブでよければUSB接続のものを買えば何でもつながるでしょうが、内蔵の場合はどういう規格の品を買えばいいのでしょう?
もちろんメーカー純正パーツを買えば間違いないでしょうが、手頃な価格で済ませられないか調べてみました。

確認するのは「厚さ」「接続方式」の2点

ノート用のスリム光学ドライブは、ここ10年くらいの機種なら共通規格になっているらしく、「厚さ」と「接続方式」の2点さえ合っていればどのメーカーのドライブでも使えるようです。
(たまに特殊なマシンもあるそうですが)

厚さ:
ノートPC向けの場合は「12.7mm」「9.5mm」の2種類。
接続方式:
「SATA」か「ATAPI(IDE)」の2種類。最近の機種はSATAで、ATAPIは古い機種に限られます。

ThinkPad E440 は 9.5mm/SATA でした。

ベゼル(イジェクトボタンなどがついている表側のパーツ)の形はPCによってまちまちですが、今まで使っていたドライブのベゼルに問題がなければ、取り外して新しいドライブで再利用できます。新しく調達する必要はありません。

安い!と思って飛びつくと……

ネットショップで出物を見つけた!と思っても、海外のサイトや日本でもアマゾンのマーケットプレイスでは注意が必要です。
記録機能は必要?
リードオンリーのドライブというものもあります。読むだけでいいなら機能が少ないぶん安く済みます。焼くこともあるかも…というなら避けましょう。
ATAPI接続だと「CDは焼けるけどDVDはリードオンリー」という「コンボドライブ」もあるのでさらにご注意を。
中古品はバクチ
劣化して買い換えようというのに、中古品を買って劣化しているドライブが来たら悲しいものです。
ただ、同一型番を大量に売っている店だったらリースアップ品かもしれません。企業の現場で光学ドライブを使う人はかなり少ないので、未使用同然品を引き当てられるかも?
商品説明が適当
書き込み機能がついていないのに「書き込み速度:×倍速」と書いてあったり、本当は12.7mm厚なのに9.5mmと書いてあったり……。特に、12.7mm=「スリム」/9.5mm=「ウルトラスリム」と思うのは危険で、12.7mmのウルトラスリムは複数見かけました。
型番はさすがに間違っていないでしょうから、型番で検索してウラを取るのが安全です。
中にはタイトルと商品写真で型番が違ってたりする罠も。

ざっと見たところの相場感

9.5mm厚/SATA接続の光学ドライブ、ざっと見たところの相場感です。

eBayやaliexpressで買ったほうがちょっと安いですが、1000~2000円程度の品だと今の為替ではそう大きくは変わりません。
だったら国内のショップで買ったほうが早く届くし、商品不良時のやり取りもラクでしょう、というわけでアマゾンで。
記録不要:
DellのPC用のリードオンリードライブ DV-18SA が ¥1,380~。 たぶんDell以外のPCでも使えますが、保証はありません。
新品とも中古とも書かれていない場合は、まず新品ということはないかと。
焼きたい&新品がいい(外付けドライブを分解するのは厭わない):
HDDでもそうですが、内蔵ドライブより外付けドライブのほうが安いことがあります。
Qtop ポータブルドライブ 外付けプレイヤー USB3.0対応 CD-RW/DVD-RW タッチ制御 Superdrive搭載 Windows/Mac両対応-ブラック ¥2,188
うまくケースを外して中身を取り出せればお得です。ただし9.5mm厚/SATAだという保証はありません。商品のスペックや写真を見る限りは大丈夫そうですが……。
外付けでいいのでとにかく安く:
内蔵することを諦めれば、外付けのコンボドライブ(CDは焼けるがDVDは読むだけ)が ¥1,200 くらいから見つかります。
いちおう新品扱いですが、今どきコンボドライブが生産されているかは疑問です。ケースは新品だけど、中身のドライブは良くてデッドストック、大半はリースアップ品など中古のような予感が。

安い外付けタイプはいずれも中国からの輸入品のようです。
日本語の説明書が欲しいとか、記録用ソフトが付属していて欲しいという場合は、ケチらずに日本のメーカー品を選ぶのがいいかと。

次回予告

というわけで外付けドライブを買ってバラしてみることにしました。はたして?
⇒ つづき:ノートPCのDVDドライブをお安く換装したい(2)

火曜日

LANの通信が不安定に。原因は「NATアクセラレータ」だった…

無線ルータを買い換えたら、通信が不安定に…

無線ルータを買い換えました。
イーサネットコンバータが壊れたので、これまで使っていた無線ルータをコンバータに回して、無線ルータを新調。

コンバータを買ってくるほうが手っ取り早いかもしれませんが、それまで使っていたルータは11n止まり。
どうせ買うならそろそろ11acを…と探してみたら、ちょうど出物がありました。

WN-AC1167DGR (IO DATA)

型落ちらしいですが、どうせハイエンド機種を買っても対応する子機を持ってないですし。

セットアップは簡単でしたが、どうも通信が不安定。
電波強度は充分なのに、通信ができたりできなかったりする。

最初は無線の問題かと思いましたが、無線LANだけでなく有線LANでも同様。
VDSLモデムとの相性とかあるのかな? そもそもこのモデムもずいぶん長く使ってるし、寿命?

いろいろ疑ってみるものの改善せず悩んでいたのですが、ルータのとある設定を変えてみたところ、すっきり解消。

「NATアクセラレータ」をオフにしたら安定した

このルータには、NATをソフトウェアでなくハードウェアで処理して高速化を図る「NATアクセラレータ」機能が搭載されていました。
これをオフにしてみたら……通信は非常に安定するように!(※工場出荷時はもともとオフ)

詳しい事情は分かりませんが、何とかなってよかった。

我が家は5GHz帯の飛びが悪く、これまで2.4GHz帯の11nを主に使っていたのですが、対応スマホを11acでつないでみたら――なにこれ速い
Webサイトを見ている分には体感できる差は出にくいですが、アプリや電子書籍などのダウンロードでは目に見えて速度が違います。驚いた……。

前のルータよりも5GHz帯の飛びも良く(何が違うんだろう)、いい買い物でした。

ヨドバシのiTunesカード値引きキャンペーン、実は5%OFFと10%OFFの2パターンがある

iTunesカードを2枚同時購入で10%OFF?

年の瀬、あちこちでiTunesカードの値引きキャンペーンがおこなわれています。
最大で10%OFF。去年くらいまではちょくちょく見た「同時購入で2枚目半額」(=25%OFF)にはもう巡り会えそうもないので、ここらで買いだめておくのも手かと思います。

同時購入で「2枚目が」10%OFF?

新宿西口ヨドバシカメラ、スマホ売り場(長距離バスターミナルの建物)を訪ねてみました。
店頭のポスターには「同券種を2枚同時購入で2枚目が\なんと/10%OFF」。

ということは1枚目は額面どおり。合計では5%OFFの計算です。
競合のビックカメラでは1枚目も10%OFFなのに…!

しかしヨドバシのポイントを使いたかったので、諦めきれず道を挟んだ向かい側のマルチメディア館へ。
(金券は現金で買ってもポイントが付かないので、溜めたポイントの消化先にオススメです)

向かいの売り場には「2枚目が」の文字なし

マルチメディア館の店頭ポスター、さっきとほとんど同じデザインだったのですが、書かれている文言は「同券種を2枚同時購入で\なんと/10%OFF」。

おや? こちらには「2枚目が」の文字がありません
まさか…こっちは1枚目も10%OFF?

たしかに10%OFFで買えた

レジに持っていったところ、普通に1枚目も10%OFFでした。

アイチューンズカード割引販売速報」によれば、ヨドバシの他支店でも2枚目のみ10%OFF(実質5%OFF)の模様。
1枚目も10%OFFになるのは、限られた店舗(旗艦店?)のみの施策なのかも…?

月曜日

月額480円のヨドバシカメラ(ワイヤレスゲートWiFi+LTE)SIM、開通時に注意したいこと

ヨドバシ(ワイヤレスゲート)SIMを買ってみた

今日発売のヨドバシカメラ ワイヤレスゲートWiFi+LTE SIMを入手。
プラン
通信速度は250kbpsと低速だけど月額480円のお安いプランにしてみました。
他社の同額・同速度のプランはなかなかセンシティブな評判ですが、こちらはどうでしょう……。
SIMサイズ
SIMは「小は大を兼ねる」なのでnano SIMで。
SMSオプション
+150円/月がかかりますが、SMSを使いたいというよりアンテナピクトやセルスタンバイ問題があるのでSMSアリで。

ヨドバシ.com予約特典で200MB分の通信量チャージオプションをプレゼント!」とありましたが、9月1日に欲しかったので実店舗で購入。
渡されたパッケージ見たら「200MBオプションプレゼント付」とあったので、少なくとも初期出荷分はどこで買っても特典はもらえそうです。

開通にあたって注意点2つ

申込みページのURLはSSLに書き換えて
開通手続きは自分でWebからおこなうのですが、説明書の「申し込みページURL」は http://www.wi-gate.net/sim/start/ となっています。このURLから進めると、SSLなしのままクレジットカード番号を入力するはめに。
「https://」でもちゃんとアクセスできるので、URLを書き換えることを強くオススメします。
高速通信がデフォルトでON
高速通信モードがデフォルトでONになっています。そのままだと特典の200MBチャージオプションは数分で蒸発しかねないので、とりあえず専用アプリ(iOS/Android)からOFFにして、必要な時にONに切り替えるのがオススメ。
なお、特典200MBの有効期限は2015年3月1日となっていました。

LinkWithin


Related Posts with Thumbnails